MEMBERS 2018年入社 越後屋佑太

仕事で大変だったことは?
1年目にある物件で工事を担当したときのことです。商社として数社のメーカーや工事業者を取りまとめるために、それぞれが管轄する範囲を明確にすることが大変でした。納入機器までのケーブルをどこが布設するのかを明確にしていなかったため、作業中に揉めることになり、機器の仕様が変更になってしまったのです。この経験から現在は、事前に何度もお客さまを含めての打合せを実施し、メールや議事録というエビデンスを残して、管轄する範囲が明確になるように心がけています。このように商社の営業マンとして物件管理や調整をすることで、お客さまからもメーカーや工事業者からも必要不可欠な存在として認識されるようにする。それが商社としての価値を高めることにつながっていると、日々感じています。
学生時代にやっておけば良かったことは?
2つあります。1つ目は、学生時代から自分と近い年代の人だけではなく、さまざまな年代の人ともっと関わりを持っておくべきだったと感じています。商社の役割上、日常的に多くのお客さまやメーカー・工事業者の人と接することになります。その際、さまざまな人にどのようにアプローチすれば信頼され親密になれるのかを学生時代から学べていれば、営業マンとしての強みになっていたのではないかと思います。

2つ目は、学生時代から本をよく読み、文章を多く書いておくべきだったなと。メールや報告書などの文章を書く際に、今まで正しいと思っていた日本語も正しく使えていないことに気づいたりします。文章をわかりやすく書くことは、営業マンとしての大事なスキルだと日々感じます。
モリタニに興味をもつ学生へのメッセージ
モリタニでは入社して間もないときから営業担当を持つので、担当者意識が芽生えるのが早いです。受注から納入までの一連の流れや、出金・入金までも覚えられるので、営業マンとして成長できる環境が整っている会社だと思います。会社全体の風通しが良く、入社してからの2年間はトレーナーという教育担当が業務の面倒を見てくれます。先輩方も真摯に向き合ってくださるので、若手のうちはわからないことは全て聞くことが大事です。

採用面接は、じっくりと時間をかけて自分の良いところを引き出してくれます。ありのままの自分で臨むことが内定への近道になると思うので、緊張せずに頑張ってください!

越後屋 佑太

第5ビジネスグループ 機械6部第2課
越後屋 佑太 2018年入社 経済学部 経営学科卒
社会インフラをささえる設備の納入に携わっています。具体的には、官公庁向けの配電盤・計装・空調設備の提案をおもとした営業活動ですね。たとえば配電盤設備は、下水処理場の水処理プラントを適切に動かすための監視制御と電源供給に使用されています。水処理プラントは停止することができないため、老朽化で故障がないように機器の耐用年数を把握し、更新や修理を提案していきます。

募集要項

エントリーはこちらから

リクナビ2020:守谷商会TOPリクナビ2022:守谷商会TOP

マイナビ2020:守谷商会TOPマイナビ2022:守谷商会TOP

ページトップへ戻る