MEMBERS 2018年入社 森澤利樹

モリタニを選んだ理由は?
大学時代、部活のOBの方が世の社会人の中で一番生き生きして見えました。その先輩がモリタニに勤めていると聞き、商社業界およびモリタニに興味が湧きました。入社の決め手は、お会いした社員の方々の活気と、独特な採用面接です。面接は所要時間が他社と比べて倍以上あったり、かなりパーソナルな話の深堀りが大部分を占めていました。自分という人間をよくわかろうとしてくださっている印象を受け、そこに惹かれました。
入社前と後で、イメージは変わった?
入社前は、モリタニは少数精鋭ならではのチームワークを発揮して仕事に取り組んでいくイメージを持っていました。また、機械の専門商社なので、部署によって細かい業務の内容や商材は違えど、基本的な業務のベースは「機器の拡販及びメンテナンスサービス」。みんな共通の目的を持って仕事しており、相談がしやすく風通しの良い職場であることを期待していました。

入社後もそのイメージは変わらず、大小さまざまなコミュニティーでのチームワークを実感しています。他部署との交流も多く、業務で全く関連のない人からも新鮮な意見を聞くことができます。特に驚いたのは、他の部の部長が「仕事どうだ?」と気にかけてくださるところでした。こういった社内交流の幅の広さが、モリタニに対して今も常に抱いているイメージです。
仕事で印象に残ったエピソード
モリタニは機械の専門商社なので、お客さまは産業をささえる大きな企業が多いです。そのようなお客さまとメーカーとの間に入り、サポートができることにやりがいを感じます。初めてLNGの生産基地に立ち入らせて頂いたときは、その規模の大きさに感動しました。同時に、もし何かあった場合、最悪は社会にガスを供給できなくなり、ガスが必要な場所に行き届かないことにも気づき、自分が携わっている仕事の責任の大きさを実感しました。工場やプラントは日常生活で立ち入ることのない場所ですし、目立つわけではないですが、社会をささえる重要な役割を必ず担っています。そういった仕事を若い頃から任せてもらえるところにやりがいを感じますし、入社して良かったと思います。産業を知ることで世の中のことがよくわかっていけるとも思うので、これからの長い社会人生活で業務を通じて知識の幅を広げていくのが楽しみです。

第4ビジネスグループ 機械10部第2課
森澤 利樹 2018年入社 海洋工学部 海洋電子機械工学科卒
首都圏の都市ガス会社と、関連するエンジニアリング会社に機器を販売したり、メンテナンスサービスをしています。私が取り扱っている機器の一例としては、メーカーの工場などガスの大口需要家である企業向けにガス会社が用いる、大容量のガスメーターです。大量に流れるガスの量を正確に計り、使用量に見合った金額を請求するために必要不可欠な機器となります。

募集要項

エントリーはこちらから

リクナビ2020:守谷商会TOPリクナビ2022:守谷商会TOP

マイナビ2020:守谷商会TOPマイナビ2022:守谷商会TOP

ページトップへ戻る