MEMBERS 2018年入社 森澤利樹

産休・育休制度やキャリアアップについて
ここ10年ぐらい、出産を理由に退職する人は社内で聞かないです。育児と仕事の両立をしたいなら、すごくいい会社だと思います。一番自慢できる制度は、子供が小学校を卒業するまで時短勤務を選べることです。国の定めた制度では3歳からフルタイムになるのですが、今の私の場合は3人の子供を育てながらフルタイムでの両立は、時間的にも体力的にも難しいです。私が早く帰宅することで、同じ部署の方々に仕事のしわ寄せがいっていますが、皆さん「お互いさまだから」「ママの代わりはいないのだから」と、快くサポートしてくれます。その分、私も会社にいるときには自分の仕事や義務は果たして、周りに迷惑をかけないように心がけています。

スキルアップという点では、資格試験などの受験料だけでなく、講座の受講料まで会社が出してくれるので、これを利用しない手はありません(笑) 私は仕事復帰してから今の財務部に異動した最初の頃、皆さんが何を言っているのかわからなかったので、簿記の資格を取りました。通勤時間に電車の中で見るWeb講座も、会社は補助してくれます!
「モリタニに入社してよかった」と思うのは、どんなとき??
新人の頃、同じ大学出身者で作られる大学会でご挨拶した先輩に、「初めは担当者とかわからないと思うから、とりあえず私に電話してきてね」と声をかけてもらいました。女性の先輩が優しいのは、モリタニのいいところだと思います。また、同期と一緒に初ボーナスでごはんを食べに行ったり、同じ大学会で毎年新入社員を歓迎したり、残業のとき先輩がごはんをご馳走してくれたりなど、縦と横のつながりが多いのもいいところですね。あと、1回目の育休が明けて1年以上ぶりに出社したら、社内ですれ違った他の部署の方々にも「おかえり」と声をかけてもらったのも、この会社に入社してよかったなと思った瞬間でした。今は時短勤務で夜にごはんは行けませんが、先輩ママたちとランチに行って、色々な情報を教えてもらうのも楽しいです。
どんな後輩と働きたい?
明るく前向きな後輩と一緒に働きたいです。スキルは入社してから取得しても間に合います。それよりも、わからないことを溜め込んだまま「まぁいいか」と曖昧にしないで、「これ、何でしたっけ?」と明るく質問してくれる後輩がいいです。社会人って、一度質問したことは二度聞いちゃいけないと私は思っていました。でも、一度質問して教えてもらい、わかったつもりでいても、いざ自分一人でやってみると自信がなくなって、ちょっと確認したいなってことが起きるものです。モリタニの先輩方は何度聞いても、「それ、忘れちゃうよね」って教えてくれますよ(笑)

財務部財務課
事務主任
元木 瞳 2004年入社 文学部 英米文学科卒
私のおもな仕事は、会社が持つ株や債券の管理です。具体的には、配当の入金処理や毎月の株価を役員に報告するための資料作成などです。そのほかにも、営業担当の案件で海外から届いたお金を会社の口座に入金する作業や、取引先への支払いのために口座にお金を準備しておく作業もします。入社して10年ぐらいは営業事務をしていたので、今は全く違う仕事です。商社というより証券会社のような、少し特殊な部署かもしれませんね。

募集要項

エントリーはこちらから

リクナビ2020:守谷商会TOPリクナビ2022:守谷商会TOP

マイナビ2020:守谷商会TOPマイナビ2022:守谷商会TOP

ページトップへ戻る